FC2ブログ

Master 8

いよいよライブ前日。

みんなと別れて帰り道、twitterを開く。

今日はMasterさんのつぶやき、何かな。

そう思ってタイムラインを探すと珍しく、Masterさんのつぶやきは

月が映った写真一枚だけがあがっていた。

言葉がないの、珍しいな。

何か思うところがあるのかな。

寂しいのかな?どうしたんだろう。

この間の偽物騒ぎで最初、結構Masterさんのフォロワさんは減った。

人は期待するから、その期待を裏切られたときに相手にその裏切られた怒りをぶつける。

けどさ、それって本当は違くない?ある意味自分が勝手に期待したわけで。

かっこいい姿を期待されて、そうじゃないのがでてきたら「裏切られた」っていうのって。

べつにMasterさんは何一つ嘘をついてない。

勝手に誰かがなりすましただけで。

でも、勝手にしろなんにしろ、そう、自分の及ばないところで誰かが傷ついて、去っていくのって

寂しいよね。つかまえて「誤解だよ」って言いたくなることもある。

でも、そういうことを一切言わないのってMasterさんってすげーな。強いな。

やっぱかっこいいな。

綺麗な月だな、と思って僕もふと上を見上げるとMasterさんとおなじような

綺麗な月が浮かんでいた。

同じ空の下、同じものをみるってなんだかいいな。

ふとそんなことを想った自分に笑ってしまった。

これって....って思った瞬間、自分の中にぽん、と浮かんできた感情に

自分でツッコミをいれた。

まるで恋人かよ、ってな。

だってさ、相手は男だってわかってんだし。

顔もしらないんだし、言葉と声しかわかってないのに。

「いやいや、ないない。っていうか、名前も知らないし」

ただ、Masterのアイコンをみると、tweetをみると心が揺れることは

隠しようのない真実なわけで。

その感情を大事に抱きしめている自分もいるわけで。

僕はこの感情につけられた名前を認めざるを得なかった。
---------------------------
オハナシの励みになります。ポチっとクリックをお願いいたします。


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する