FC2ブログ

Tango Noir81(最終回)


img_01.jpg

僕とユノは馬を走らせながら北へ向かった。

特にあてはないのだけれど、僕はとにかく王宮から離れたかった。

もちろん、いろいろと心配事は残っていることは残っている。

怨もちゃんと空に還ったかどうか心配だけれど、少なくとも大妃はもう大丈夫だろう、

全てが終わった後の処罰とかそういうことには僕は絡むべきじゃないし、それは王様の仕事で

来るべきときに王になる王世子の試練だ。

僕はその未来を摘み取ろうとした怨を空に還しただけで十分。

怨も所詮「寂」が鎧を着て形を変えていたものだった。

この世にたくさんある「寂」はいろんな形で落ちている。

僕のなかにもあった「寂」。

ユノが拾ってくれたことで僕はその「寂」を持つこともなくなった。

馬を走らせながら僕はユノに聞いた。

「僕といると出世もできないし、このままのたれ死ぬかもよ?

それでもいいの?」

ユノは笑って「やっと二人っきりになれたのにその色気のないセリフはどうなんだよ。」

といった。

馬をとめ、僕らは水辺で馬を休ませた。

ユノは僕のとなりに座り、肩をぎゅっと抱きしめた。

「最初は先王の頼みなんて聞くつもりもなかった。単に、メンドクセーって思った。

けどな、俺はチャンミナを見てからずっと先王の計らいに感謝してたんだよ。

チャンミナに出会えて、本当に良かったって思った。

けど、このよこしまな気持ちは許されるもんじゃねぇから、ずっと墓場まで持ってくつもりだったのに

見事に煽ってくれて、俺は全てのものからチャンミナを護るだけじゃなくて、全部欲しい、って

想っちまったからな。怨に付け込まれないでよかったよ。」

ほんとうに。好きっていうのはいろんな気持ちを持たされる。ただ好きでうれしくてっていうだけじゃなくて

嫉妬や自己嫌悪、いろんな負の感情もある。

もちろんそのなかに「寂」もある。怨はその「寂」がコアにあったっけ。

考えてみれば世界がひっくり返るような経験をしたけれど、ユノはそのまま笑って僕のそばにいてくれた。

そして僕は冥府でもユノを探し出すことができた。

ってことは、これからさきの人生もずっとそばに居られるってことじゃないかな。

僕はそう思った。

王位なんていらないし、貴族なんて称号いらない。

ただ、日々をユノと笑ってすごせればそれでいい。

「とりあえず」ユノは笑ったままぐいっと顔を寄せた。

端正な顔に光るアーモンドアイはいつも僕を魅了する。

「俺、すげー溜まってんの。イロイロと。チャンミナも足りなかったし忙しかったし」

この人ってはあけすけに....//

まあ僕はそんなふうに求められるのもとてもうれしいことなんだけれど。

とりあえず、今夜の宿まではもたなそうなユノの我慢に僕はちょっとひきずられそうだ。

でもそれは幸せな時間で、触れる唇から愛が零れる、ため息の出るような時間になんども

愛してるをつたえた。

宿屋についたら、まず風呂に入って、それから将来について話し合おう。

それからヒチョルとドンヘには手紙を送ろう。宮廷のみんなの様子をうかがって、

またいつか逢えるように。

未来はまだ何色にも染められる。

僕と、ユノとで。

                     -END-
-----------------------。
長々とお読みいただき、ありがとうございました。
オハナシの励みになります。ぽちっとクリックをお願いいたします。


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • あーちゃん
  • URL
Re: こんばんは

> えむさま
コメントありがとうございます。
えーー、それは普通に採番ミスでしたw
おしえてくれてありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • あーちゃん
  • URL
Re: タイトルなし

> happy925さま
本当はもっとユノにもじたばたしてもらおうかとおもったのですが
残念ながら「ばーか、俺は最後までかっこいい俺でおわるんだよ」とゾロの口調で
言われてしまったので←あくまで妄想です
そのままかっこいい剣豪ユノのままでいてもらいました。
あとはアレですね。「やっぱりチャンスニが一番」と素で言ってしまうご本人様のパターンから
ユノが嫉妬したり自信をなくしたりするっていうのは考えられないこの状況が
お話をテンポよく進めさせてしまったのかもしれないです(笑)

じっくり読んでくださってありがとうございました^^

  • あーちゃん
  • URL
Re: 完結╰(*´︶`*)╯♡

>mi_ukkiy さま
コメントありがとうございます。そして読破ありがとうございます。
Tango Noirは確かに中森明菜さんの曲ありましたね。
私の心の中では造語のイメージでしたが、元になった曲はこれです。

https://youtu.be/C0yzvOO8GZE

月に抱かれて踊るようなユノの剣の舞をこのイメージで書きました。
タイトルHelloのが今考えるとしっくりくるかもしれませんねぇ^^

そのあとのユノの活躍があまりなかったので、今度はユノが主人公になってもらおうとおもいます♪

  • Kuroneko
  • URL
ご無沙汰してますっ

あーちゃんさん、こんばんは!
しばらくお邪魔出来てない間に、
お話が終わってましたΣ(・ω・ノ)ノ!
ご無沙汰してて、すみません

最後まで一気読みさせて頂いて、もう、
読み応え抜群でした!
愛ですね、やっぱり!
いろんな場面で自分の中で映像化して、
ドキドキしたり、想像のユノに惚れ惚れしたり。←チャミペンですが、ユノにウットリします
韓国の時代ドラマも好きだから、楽しかったです!

あーちゃんさん、体調を崩されたりで大変でしたね。もう頭痛は大丈夫ですか?
年末に向けて、お身体ご自愛くださいね

  • あーちゃん
  • URL
Re: ご無沙汰してますっ

> Kuronekoさま
コメントありがとうございます。
私の方もいろいろとばたばたしてましたので来ていただけて嬉しいです。
終わっちゃったんですよねぇ。
もっと書きたい気持ちもあればもういっぱいかなぁというきもちもあり。
また落ち着いたら新しいお話に取り組もうと思います。

ふふ、私もチャミペンなはずなんですがユノにはうっとりします←

Kuronekoさまもお忙しいようなので(twitterもちら見でもうしわけありません)
お互いに師走。体調にきをつけて頑張りましょう。

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する