FC2ブログ

Tango Noir44


img_01.jpg

「あれ?ここは?」

僕が気が付いたのは宿営所のユノの部屋だった。

意識を失った僕を抱えて自分の部屋に飛び込んだらしい。

顔は綺麗に拭かれ、衣服は着替えさせられていた。

「ごめん、どのくらい僕...寝ちゃってた?」

ユノに尋ねるとユノは僕をきつく抱きしめ

「半時くらいだよ。命が縮まったよ(苦笑)」と言った。

ごめん。ユノの顔を見たらつい気が緩んで....

そうつぶやくと背中をさすられ、肩口に顔を埋めたユノがくぐもった声で

「ほんと、心臓に悪い...」といって顔をあげ、口づけた。

誰かに見られたら....とおもったけれど、そんなことを考える前にしがみついていた。

ほんのちょっと、ほんの2日離れてただけなのに、もうこんなに足りなくなるなんて。

僕の人生の中にぴったりとはまったピースがユノだったんだ。

だから、こんなにも渇望してる。

ユノも同じきもちだったらしく「はぁ...いまからこんなんじゃ、これから先どうなるんだ。困ったな」

そういって顔じゅうにキスの雨を降らせた。

あ、そうだ、ヒチョルのところも行かなきゃいけない。

ユノに「ジフンからきいたけど、ヒチョル怪我したって聞いたよ。」

そういうと、ユノは苦い顔をしていった。

「あいつは陰謀に巻き込まれたんだよ。そうじゃなければ、負けないはずなのに。

そうだ、あいつにも逢いに行っておこう。味方は多ければ多いほどいい。

そもそもあいつのせいでチャンミンもここによばれたんだしな。」

でも、そのおかげでまたユノと一緒に居られる。

胸がちくりと痛むのは何だろう。僕には入り込めない、ユノの過去を見るようで。

そんな心を押し隠して、僕はヒチョルに逢いに行くことにした。


-----------------------
短くて申し訳ありません。
オハナシの励みになります。ぽちっとクリックをお願いいたします。
コメントがあるとなおやる気が出ます。
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



Comment

  • Kuroneko
  • URL
溺愛♡♡

ユノ、チャンミン王子溺愛ですね♡
ふたり一緒ならパワーアップしますね
いろいろと(笑)

コメント、fc2の不具合だったみたいですね。
スマホ版ではコメント出来なかったので、PC版ならできたのですが、スマホ版への戻し方が分からず(笑)
どうにか戻れましたー!

  • あーちゃん
  • URL
Re: 溺愛♡♡

>Kuroneko様
コメントありがとうございます。

そうだったのですねぇ。FC2は一度不具合があると治るまで時間かかったりしますよね。
教えてくれてありがとうございます。

いろいろとパワーアップしてほしいところですが、敵もさるものなので
これからチャンミンが頑張っていくと思います♪おたのしみに。

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する