FC2ブログ

Destiny ground connection27

グロッケンの大学での教授としての評価はそれなりで。

だけど講義は休みが多く、レポートばかりだとシウミンは言った。

ただ、ここのところ立て続けに授業があって、顔を拝んでいるらしいが、

受講生徒からは人気のようで、常にいつも質問があるらしく、「質問は教授室にて受けるよ」

といって終わるらしい。

授業の内容はあまりむつかしくないものの、割と精力的な先生だ、とシウミンは言った。

「毎度毎度同じメンツが質問に行くのも気になっていて」

どうやらそのメンツを調べたらしい。

「そのなかに寮長居たか」俺がそういうとシウミンはびっくりして

「あたりです。ヒョン達、わかってましたか?」

と目をぱちくりさせて答えた。

「いや、対決しただけ。けど、直接かかわりがあるところを目撃したのなら

そろそろ次の局面に行かないとな。」

ギョンスがレコーダーを差し出し「一応、会話は録音してあります」

仕事できるやつだな。

スイッチをおすとグロッケンの声が流れてきた。

関連記事
スポンサーサイト



Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する