FC2ブログ

MONOCHROME Afterdark 49

キョウスケの家に来てから、一週間が過ぎた。

最初はなんとなく落ち着かなかったけれど、キョウスケは基本病院にいるし、日中は私は一人。

まだ、会社復帰できるほど体調が戻ってない。

ちょくちょく発熱したり、眩暈がしたり。

そんな私がここにいるのは申し訳ないと思うのだけれど。

キョウスケはふっと笑って、「それなら僕に美味しいご飯でも作っていただけると

とてもありがたいんですが。」といって私に負担をかけないようにしてくれた。

日々の生活でやるべきことがあるのはありがたい。

自分一人なら、食事なんてどうでもよかった。

かえってくるのを待って、その日あったことをゆっくり話しながら食事する。

そんな日が自分に来るなんて思わなかった。

キョウスケは大人だ。一緒に住んでいるのに、近寄ってこない。

ご飯は一緒に食べるけれど。

ただいま、と帰ってくるとすぐに浴室へ直行する。

一応、病院勤務だから菌を家に持ち込まないための習慣らしい。

私に気を使ってるのかもしれない。

けれどさりげないやさしさに、少しずつ私の心はほぐれていった。

ランキングに参加しています。クリックが励みになります。

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する