FC2ブログ

Destiney 21

メンツは悪くなかった、と思う。いつものことだが、マメな「みんなの彼氏」

というキャッチフレーズのドンヘがつれてくる女の子のクオリティは悪くない。

そこそこ綺麗だし、そこそこスタイルが良くて、遊ぶにはちょうどいい感じの子を

連れてきてくれるような子と仲良しみたいでな。

料理もうまかったし、酒もまあまあ。

相変わらずのイトゥクとヒチョルの会話も楽しませてくれるし、俺もそこそこいいキャラクターだと

思ってたんだけどな...

なぜか俺の視線の先にはチャンミナがいた。

おとなしくビールをかっ食らってたあいつの隣に座った女の子より

全然美人ってどういうことだよ。

酒が入って笑ってるのを見たときに、俺は鼓動が早くなるのを感じた。

もう、酔っぱらったか?

落ち着かせようと、そこら辺にあったウーロン茶を一気飲みした。

ところが...それはウーロンハイだった。

「ユノ君、頼もしいね♪」女の子が歓声を上げてくれたが

冗談じゃない。俺、酔いをさましたいのに酔っちまうってどうよ。

霞む意識のナカ、チャンミナの瞳が俺を見つめていた。

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する